kaokao

今年もとうとう来てしまいました、冬将軍(>_<)

昨年履いていた靴が履けなくなってしまい、今年新しい冬靴をゲットした豪雪地帯在住の道産子ママkaoです

北海道はすっかり銀世界。雪国ならではのイベントやレジャーが目白押しな季節になりました♪  雪道で履く靴を探している方も多いのではないでしょうか?^^

 

さて、今回は

  • 豪雪地帯で暮らす寒がり道産子の私が、この冬に選んだ
  • こんな路面状況では、この靴がおすすめ!私がすすめる冬靴

 

についてまとめてみました。

 

この記事が、あなたの冬靴選びの参考になりましたら、幸いです(^^)

まず最初は、雪道でおすすめしたい靴の機能3つについてお話していきますね。

 

雪道で必須の靴の機能3つ

私が雪国で暮らしていて、必須だわ!と思っている冬靴の機能です。

  1. 雪の冷たさ、冷凍庫のようなマイナス気温にも耐えられる、防寒機能
  2. 溶けかけの、かき氷のようになったシャーベット状の雪にも負けない防水機能
  3. ここはスケートリンクかーい!といわんばかりの、ツルツル路面でも耐えられる防滑性

 

なぜ、こんな機能が必要だと感じているのか、次の章でお話していきます!

こんな路面状況では、この靴がおすすめ!

まずは、こんな時。

降雪量が半端ない!!街中が雪で こんもり” な時

足が雪の中に入った状態であるくので【足だけ冷凍庫】状態に・・・

こんな時におすすめなのが、温かくて寒さに強いモコモコタイプの防寒靴

や、

 

とかです。^^

 

□これもあると便利です!

防寒タイプの靴は、モコモコしていて温かいのですが、布製の靴なので雪が付着しやすく、付着した雪が溶けて、靴が濡れる可能性も高いです。(*⁰▿⁰*)

 

その為、防水性も高める為に、防水スプレーをかけて、防水対策万全にして履いています

 

防水スプレー

 

kaokao

防寒靴は帰宅したら暖房機のそばなどに置き、しっかり乾かす事もポイントです。

こん太郎こん太郎

濡れたままだと、次回に履くのが冷たくて辛く、段々臭くなってきちゃうんだよね(*´-`) 

バンビちゃんバンビちゃん

それに一度水が浸み込んじゃうと、水を吸いやすくなるのか濡れやすくなっちゃって。

 

靴の痛みも早くなる気がするよね。

ゆきだるママゆきだるママ

そんな訳で、冬靴はひと手間ですが

  • 濡れたら乾かす
  • 時々防水スプレーを追加でかける

など、ちょっとしたお手入れをするようにしています

 

買い物など室内に長くいくような時は・・・

防寒機能がばっちりな靴を、雪が無い温かい所で履くと、暑くて足がムレムレになっちゃいます。(笑)

 

雪が多く寒い環境では大活躍の防寒タイプの靴ですが、買い物など室内に長くいるような時は・・・

 

防寒機能はそこそこな防滑機能が付いたこんな靴を履いて行きます。こんな靴だと脱ぎ履きしやすいし、外でも室内でも歩きやすくて、忙しいママさんにもオススメです^^

 

次に・・・こんな時のお話です。

 

上記のような、こんもりと雪が積った状態から、一気に気温が上がった!などの暖気になった時。

 

雪が解けて、街中シャーベットだらけ!!(*⁰⁰*)

こんな時は防水性の高い長靴を履いていきます。

 

こんもりと積っていた雪が、暖気で融けてシャーベット状態に!

融けかけの【かき氷】が街中に敷き詰められたような状況になります。()

 

kaokao

こうなると、防水スプレーをバッチリかけた防寒靴でも、水がしみてしまう可能性大なのです。

 

こんな時は、濡れる&冷たい水から足を守ってくれる、防寒機能高めな長靴を履いていきます。

 

防寒機能高めな長靴

 

 

長靴だと、水濡れの心配がほとんど無く、靴の丈もひざ下位まであるので安心です。

 

長靴ですが、最近は可愛い形のモノも色々出ています。

 

街中シャーベットな日は、街中のママさん、女性の皆さん、かなりの確率で長靴を履いて歩いています。

 

おしゃれなブーツをはいたら、濡れて台無しになってしまう可能性が大なので・・・涙

 

こんな街一面がシャーベット状態になった後に、すごい寒気が入ってきて一気にマイナス気温の世界になる事も。そんな時は・・・

 

街中氷でつるっつる!!(*⁰⁰*)

街中がスケートリンクのようになっていて、ほんとにつるーんと転びます。涙&恥(*ノωノ)

 

地面は凸凹しているし、氷にになっていて硬いし、転び方が良くないとケガする事も。涙

 

こんなツルツルの日は、みんなペンギンの様にペタペタと足全体を使ってすり足で歩行しています() 

 

こんな時は、足の裏にスパイクや、滑り止め機能がついた防滑機能が高い靴を履いて行きます。スパイクがついていても、滑る時はツルン~といきますが・・・)

 

スパイクとは・・・
靴裏についているこんな金具の事です^^
これは、スパイクの歯を出して効かせている状態

こちらは、歯を折りたたんで収納してあり、スパイクが効いていない状態です。

 

スパイク付きブーツにも、モコモコタイプから、革製のすっきりしたデザインなど、色々あります。

 

これは、モコモコタイプのブーツ。スパイクが付いているので、つるっつるな道路の時はもちろん、雪がこんもり積った道路の日でも活躍してくれます^^

 

 

 

こちらも、スパイク付きブーツ。すっきりデザインのブーツです。これも丈が長めな靴なので、滑る日でも、雪が多い日でも安心です。

 

 

スパイク付きブーツを履いた時は・・・

★スパイクを効かせたままお店等の室内に入ると・・・金具が床に当たり、ガチャガチャと音が鳴ります(;´∀`) 床材によってはスパイクで傷を付けてしまう事もありますので、スパイクを収納してから、室内に入るようにしてくださいね(*^-^*)

 

紹介したスパイク付きのブーツは、北海道にある靴メーカーダテハキという靴メーカーのブーツです。

雪の時期になると北海道のあちこちの靴屋さんで売っています。価格もお手頃で、機能もばっちり。我が家も良くお世話になっています。

 

最後に、この冬私が選んだ冬靴を紹介したいと思います^^

この冬私が選んだ靴

防寒性が高い、ダウンブーツです♪

 

 

お店に行く前は、実はこれが欲しいなあと思っていたのですが(*´ω`*)

 

kaokao

お値段がちょっと予算オーバー。またの機会に。笑

で、地元の靴屋さんに行って見つけたのがこの靴。

引き中だった上、見た目も、履き心地も良く、軽かったので、これに決定。

 

去年までは、防寒タイプの靴の定番モコモコのムートンブーツを履いていました。こんな形の冬の定番靴です。

 

kaokao

ですが、私が去年ゲットしたムートンブーツは、超が付く ”低価格” のもので(確か数百円?)靴底がすごく重くて、なんと!歩くと脱げるようになってしまいました。笑笑 

 

こりゃイカン!とお店に急行!

 

値段に惹かれて買ったブーツでしたが、ほとんど履けずに終わりました。涙

こん太郎こん太郎

安物買いの銭失いになっちゃたね(-)

kaokao

そうだねぇ(ToT)

 

では、ここまでのお話のおさらいをして行きたいと思います。

まとめ

雪道で必須の靴の機能3つ

  • 雪の冷たさ、冷凍庫のようなマイナス気温にも耐えられる、防寒機能
  • 溶けかけの、かき氷のようになったシャーベット状の雪にも負けない防水機能
  • ここはスケートリンクかーい!といわんばかりの、ツルツル路面でも耐えられる防滑性

こんな路面状況では、この靴がおすすめ!

  • 積雪がすごくて、街中が雪でこんもりな時
  • 街中の雪が解け、一面シャーべットになった時
  • 溶けた雪が凍って、街中がスケートリンクばりにツルツルな時

この冬私が選んだ靴

  • 極寒時期に突入してから靴を買いに行ったので、防寒性の高い、モコモコ温かいダウンタイプの靴を購入しました。というお話をさせて頂きました^^
kaokao

厳しい冬の北海道。私のこれまでの体験から他に、こんな北海道の冬あるあるなお話も書いています。

参考にしてみてくださいね!!

今年も寒さに負けず、元気に過ごしていきましょ♪

最後まで読んで下さりありがとうございました(*^-^*)

コメントを残す